ナツツバキ

 「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。奢れる人も久からず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者も遂にはほろびぬ、偏ひとへに風の前の塵におなじ。」で有名な平家物語の一節に、はかなさの象徴として「沙羅双樹の花」が記されています。沙羅双樹として知られているのはナツツバキで、白い花が朝に咲いて夜には散ります。
 深川皮膚科のシンボルツリーとして南側の植栽に2本植えました。またシンボルマークにもなっています。白い花が咲いているかもしれませんので、探してみてください。夜はライトアップされて、とてもきれいです。

新しいクリニックのシンボル、夏椿が咲きました。
新しいクリニックのシンボル、夏椿が咲きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。